宮城県岩沼市「JOCA東北 亀塚温泉」を利用してみました

2021年6月13日旅行・お出かけ温泉・銭湯

宮城県岩沼市にある「JOCA東北 亀塚温泉」を利用してみました。

住宅街のど真ん中にあって場所が少しわかりにくいですが、お安く汗を流せる温泉です。2021年3月27日にオープンしたらしく、とてもきれいでした。

「JOCA東北 亀塚温泉」の概要

「JOCA東北」は2021年3月27日にオープンした複合施設で、温泉(亀塚温泉)や食事処(やぶ亀)、ジム、キッズスペース(?)などがあります。

通常の営業時間は11:00~21:30(最終受付21:00)です。私が行ったときは新型コロナの影響で営業時間が短縮となっていて、21:00まで(最終受付20:30)でした。

亀塚温泉 営業時間変更のお知らせ

公式サイトは無いっぽいので、この温泉を紹介しているWebサイトを紹介します。

アクセス

JR岩沼駅の近くにあります。前述のとおり最近オープンした施設ですので、古いマップのカーナビでは検索しても出てきません。Googleマップなどと見比べて目的地を設定しましょう(亀塚団地という住宅街の一角にあります)。

西側から県道25号を通って来た場合(スポーツランドSUGO方面からのアクセス)は、JR東北線の陸橋を渡ってすぐ左折・左折して、保育園を左折すると行けます。国道4号方面から来る場合は、陸橋の左脇の道を進んで左折すると行けます。

亀塚温泉までのルート
OpenStreetMapを元に作成 © OpenStreetMap contributors

線路沿い進んでいくと看板が見えますので、その脇道を進むと、建物の裏に駐車場があります。

入館

建物の入り口はこんな感じです。

亀塚温泉 入り口

入館すると、新型コロナウィルス関連で入館者名簿があります。名前、住所(都道府県・市町村レベル)、利用予定の施設、体温を記載して入館します。

亀塚温泉:新型コロナ関連で、体温などを記載します

げた箱がありますので、靴を脱いで入館します。げた箱はカギのないタイプです。履き間違い防止のため、番号の書かれたクリップが置いてありますが、盗難防止にはならないと思いますので、気にする方は気を付けましょう。

靴を脱いだら館内を進んでいきましょう。Googleマップのコメントなどでも指摘されていますが、入館後どこに行けばいいのか分かりにくいです。一応、私が行ったときはげた箱の先に貼り紙がしてありました。廊下を進んでいくと階段やエレベーターがありますので、2階に上がりましょう。

亀塚温泉:貼り紙に従って2階に行きます

食事処 「やぶ亀」(お蕎麦屋さん)

夕飯として、お蕎麦屋さんの「やぶ亀」を利用してみました。館内の階段で2階に上がってすぐのところにあります。今回は「かしわそば(800円)」と「コンタン(牛タンの塩漬け。500円)」を頼んでみました。食事後に入浴する場合は、食事の支払いと一緒に入浴料の支払いもできます。

温泉

温泉の受付も、上記のお蕎麦屋さんのレジです。お蕎麦屋さんのスタッフに話しかけて、入浴する旨を伝えると支払いできます。

料金は大人440円、小人140円、未就学児80円と、お安い価格設定です。支払いを済ませたら入浴しましょう。

亀塚温泉の料金・営業時間案内

脱衣所の設備はこんな感じでした。

  • ロッカー:
    カギ付き(硬貨不要)で、縦長タイプと正方形のタイプがあります。浴室の設備に比べてロッカーの数が多いので、ジム利用者のロッカーも兼ねているのかもしれません。
  • 洗面台、ドライヤー:それぞれ2つずつ
  • トイレ
  • 体重計
  • 冷水器:
    コップが用意されていて、それに汲んで飲みます

浴室の設備はこんな感じです。

  • シャワー:
    6席ありました。シャンプー、コンディショナー、ボディーソープが用意されています。
  • かけ湯
  • 内湯
  • 露天風呂:
    横も上もほぼ覆われていて、天井が少し空いているくらいの、文字通りの「露天」風呂です。景色は見えませんが、雨は降ってきます。

内湯も露天風呂も、正直言ってそれほど大きくないですが、気持ちいい温泉でした。どことなく、イソジンみたいな匂いがします。また、サウナはありませんでした。

おわりに

宮城県岩沼市の亀塚団地にある「亀塚温泉」を紹介しました。

住宅街の一角にあり、ちょっとわかりにくいところにありますが、大人440円と低価格で汗が流せます。また、併設するお蕎麦屋さんも美味しく、おすすめです。

2021年7月4日 訂正:記事初出時、地名を素で間違えて「魚沼市」と書いてしまっていましたが、「岩沼市」の誤りでしたので訂正しました。