Android 9.0、10で「システムUI調整ツール」を使う方法

Android 9.0(Android Pie)、Android 10で、「システムUI調整ツール」の使用方法を紹介します。

従来のAndorid 8では、上部の通知パネルの設定ボタン(歯車マーク)をロングタップすることでUI調整ツールを使うことができましたが、Android 9以降ではこの方法は使えなくなってしまったようです。

ここでは、「QuickShortcutMaker(ショートカットツール)」を用いてシステムUI調整ツールにアクセスする方法を紹介します。

設定画面でも表示されていますが、「システムUI調整ツール」は今後のバージョンアップ等で変更があったり削除されたりする可能性もありますので、自己責任で設定しましょう。

2020/1/25 記述を一部変更:
元々Pixel 3(Android 9)で確認していましたが、Pixel 4(Android 10)でも同じ方法でシステムUI調整ツールを呼び出せるようですので、一部説明を変更しました。

「システムUI調整ツール」の使い方

QuickShortcutMaker(ショートカットツール)」アプリをインストールし、起動します。

下にスクロールしていき、「システムUI」、「システムUIデモモード」を選択します。

次に「起動」をタップします。

すると、システムUI調整ツールに入ることができます。

ステータスバーを開いてみると、いろいろ設定変更することができます。

3 thoughts to “Android 9.0、10で「システムUI調整ツール」を使う方法”

  1. こんばんわ。
    ステータスバーを弄る方法を探してたので助かります。
    ステータスバーの時間を非表示にしたのですが、スリープしたのちスリープ解除すると、元に戻ってしまいます。何が原因かわかりませんか?

    1. >はる様
      コメントいただきましてありがとうございます。
      時計の非表示についてですが、確かに一回スリープすると時計が表示されてしまいますね。
      (私は秒とバッテリーのパーセントを表示するためにこのアプリを使っていたため、気づきませんでした。といいますか、よくよく試してみると、他のチェックボックスも効いていなさそうですね)

      いろいろ調べてみたのですが、結局、解決方法は分かりませんでした。
      こちらのサイト(英語)↓
      https://android.gadgethacks.com/how-to/enable-system-ui-tuner-android-9-0-pie-remove-status-bar-icons-0186364/
      によりますと、スリープだけでなく、上の通知を引き出したり、新しい通知が届いたりしても、時計が復活するらしいです。
      また、こちらのサイト(英語)↓
      https://forums.androidcentral.com/google-pixel-2-pixel-2-xl/902215-i-got-rid-my-status-bar-clock-android-p.html
      によると、「Powershade」というアプリをインストールして有効にすると、時計が非表示のままになってくれるらしいですが、私の端末(Google Pixel3)ではうまくいきませんでした。
      (厳密には、通知の引き出しをしても時計は隠れたままになりますが、スリープにするとまた表示されてしまいます)

      お役に立てず、すみません。。。
      対処法が分かりましたら、追記したいと思います。

      1. お忙しい中ありがとうございました!

        今は諦めるしかなさそうですねw

        こちらでも、なにか対処方があればお知らせしますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください