Android 9.0、10で「システムUI調整ツール」を使う方法

2019年12月20日メモAndroid,スマホ

Android 9.0(Android Pie)、Android 10で、「システムUI調整ツール」の使用方法を紹介します。

従来のAndorid 8では、上部の通知パネルの設定ボタン(歯車マーク)をロングタップすることでUI調整ツールを使うことができましたが、Android 9以降ではこの方法は使えなくなってしまったようです。

ここでは、「QuickShortcutMaker(ショートカットツール)」を用いてシステムUI調整ツールにアクセスする方法を紹介します。

設定画面でも表示されていますが、「システムUI調整ツール」は今後のバージョンアップ等で変更があったり削除されたりする可能性もありますので、自己責任で設定しましょう。

2020/1/25 記述を一部変更:
元々Pixel 3(Android 9)で確認していましたが、Pixel 4(Android 10)でも同じ方法でシステムUI調整ツールを呼び出せるようですので、一部説明を変更しました。

created by Rinker
各サイトを「Google Pixel4 本体」で検索します。

「システムUI調整ツール」の使い方

QuickShortcutMaker(ショートカットツール)」アプリをインストールし、起動します。

下にスクロールしていき、「システムUI」、「システムUIデモモード」を選択します。

次に「起動」をタップします。

すると、システムUI調整ツールに入ることができます。

ステータスバーを開いてみると、いろいろ設定変更することができます。